マッサージによるケア

妊娠線を予防するためには、つわりが始まる妊娠初期から妊娠中期にかけての、体系が変わりやすい時期を狙って行うことが大切です。体系が変わり始めてから行っても、既に手遅れになる可能性が高いので、出来るだけ早めに、グッズなどを利用してケアを行いましょう。また、グッズを利用しながら、マッサージをして妊娠線を予防することが大切です。

マッサージを行う際には最も妊娠線が出やすいおなか周りをはじめ、太もも、バスト、二の腕など、全身をマッサージして、肌を柔らかくすることが大切になります。妊娠線が出るのはおなか周りだけではありませんので、このように前進くまなくケアをしていくことで、妊娠線を防ぐ効果が期待できます。たっぷりとクリームやオイルを使って、肌をさするように、心臓の方向に向かって、なでるようにマッサージをしてください。

力強くマッサージをしてしまうと痛みが発生したり、胎児に影響が現れる恐れがありますので、あくまで丁寧に、血行を良くするイメージで、毎日行うことが大切です。妊娠線の予防の同時に、授乳マッサージの一環でもありますので、定期的に続けることで、出産後も授乳の際の様々なケアが楽になるといえるでしょう。
また、妊娠線の治療を行っている美容外科でもケア方法のアドバイスをもらえるので、無料カウンセリングを利用してみるのも一考です。

グッズを使ったケア

妊娠線をケアする際には、妊娠線ケア専用のグッズを利用することで、妊娠線を予防することが可能になると言われています。予防グッズとしては主に、このようなものが挙げられるでしょう。

まずは、妊娠線ケア専用のボディケアクリームです。乾燥を防ぐ効果が期待できると同時に、妊娠線を予防する効果が期待できるタイプの専用のボディケアクリームですが、専用のクリームを使うことで、母体にも、胎児にも影響が出ず、妊娠線のみをケアすることが出来ると言われていますので、妊娠中にこうしたクリームを利用することが、妊娠線予防につながるといえるでしょう。

次に、妊娠線ケアを行うことが出来るオイルです。こちらのオイルを利用することで、肌が柔らかくなり、皮膚のハリや伸びに対応しやすくなる、柔軟性の高い皮膚を作ることが出来ると言われています。柔らかい皮膚を作るためにはボディクリームよりもオイルの方が効果的という説もありますので、自分のお腹の状態を見極めながら、オイルとボディクリームを使い分けるという方法をとるママさんも少なくありません。

クリームとオイルは必ず、胎児のために専用のものを利用することが大切になりますので注意をしましょう。

妊娠線が残る理由

妊娠をした後に残ってしまいやすい跡、妊娠線。子供を産んだ証として誇りのある跡ではありますが、こうした妊娠線にコンプレックスを抱く女性も多く、出産をしてから、出来るだけ水着を着ないようになったという方も少なくないようです。

そんな妊娠線のコンプレックスを持たないで済むためには、妊娠中に妊娠線が出来ないようにケアをすることが大切と言われています。そもそも妊娠線が残ってしまう理由は、主にこれらが挙げられます。

まず一つ目は肌の乾燥です。肌が乾燥しているとひび割れのような状態が起きやすく、サハラ砂漠のような状態なった結果、顔などもしわができやすくなるかと思いますが、妊娠線はまさに、その状態と似ているのです。乾燥しないようにケアをして潤いを補給しておくことで妊娠線が出来にくくなりますので、クリームなどを利用して、妊娠線を予防することが大切になるといえるでしょう。利用するクリームは専用のものを使うことが大切です。

二つ目は、肌の固さです。妊娠をすると当然ですが、子供が大きくなる分、皮膚がどんどんと伸びていき、出産後に伸びきった皮膚が戻らなくなってしまった結果、妊娠線が出来てしまう傾向があります。肌が伸びた状態にも対応が出来るほど伸縮性があれば妊娠線が出来にくくなることで知られていますので、肌を柔らかくするマッサージを行うことや、こちらの場合も、専用のクリームを塗ることで、症状が軽減されるといえるでしょう。