マッサージによるケア

妊娠線を予防するためには、つわりが始まる妊娠初期から妊娠中期にかけての、体系が変わりやすい時期を狙って行うことが大切です。体系が変わり始めてから行っても、既に手遅れになる可能性が高いので、出来るだけ早めに、グッズなどを利用してケアを行いましょう。また、グッズを利用しながら、マッサージをして妊娠線を予防することが大切です。

マッサージを行う際には最も妊娠線が出やすいおなか周りをはじめ、太もも、バスト、二の腕など、全身をマッサージして、肌を柔らかくすることが大切になります。妊娠線が出るのはおなか周りだけではありませんので、このように前進くまなくケアをしていくことで、妊娠線を防ぐ効果が期待できます。たっぷりとクリームやオイルを使って、肌をさするように、心臓の方向に向かって、なでるようにマッサージをしてください。

力強くマッサージをしてしまうと痛みが発生したり、胎児に影響が現れる恐れがありますので、あくまで丁寧に、血行を良くするイメージで、毎日行うことが大切です。妊娠線の予防の同時に、授乳マッサージの一環でもありますので、定期的に続けることで、出産後も授乳の際の様々なケアが楽になるといえるでしょう。
また、妊娠線の治療を行っている美容外科でもケア方法のアドバイスをもらえるので、無料カウンセリングを利用してみるのも一考です。