妊娠線が残る理由

妊娠をした後に残ってしまいやすい跡、妊娠線。子供を産んだ証として誇りのある跡ではありますが、こうした妊娠線にコンプレックスを抱く女性も多く、出産をしてから、出来るだけ水着を着ないようになったという方も少なくないようです。

そんな妊娠線のコンプレックスを持たないで済むためには、妊娠中に妊娠線が出来ないようにケアをすることが大切と言われています。そもそも妊娠線が残ってしまう理由は、主にこれらが挙げられます。

まず一つ目は肌の乾燥です。肌が乾燥しているとひび割れのような状態が起きやすく、サハラ砂漠のような状態なった結果、顔などもしわができやすくなるかと思いますが、妊娠線はまさに、その状態と似ているのです。乾燥しないようにケアをして潤いを補給しておくことで妊娠線が出来にくくなりますので、クリームなどを利用して、妊娠線を予防することが大切になるといえるでしょう。利用するクリームは専用のものを使うことが大切です。

二つ目は、肌の固さです。妊娠をすると当然ですが、子供が大きくなる分、皮膚がどんどんと伸びていき、出産後に伸びきった皮膚が戻らなくなってしまった結果、妊娠線が出来てしまう傾向があります。肌が伸びた状態にも対応が出来るほど伸縮性があれば妊娠線が出来にくくなることで知られていますので、肌を柔らかくするマッサージを行うことや、こちらの場合も、専用のクリームを塗ることで、症状が軽減されるといえるでしょう。